ピルを使わない避妊を心配する女性

今の避妊大丈夫?!

カップルや一夜だけの関係でエッチをして後から妊娠しないか不安になったりする女性も少なくないと思います。いくら男性が膣外射精をおこなってもそれで妊娠しないという保証はどこにありません。男性がコンドームを着用したとしても避妊成功率は82%です。しかし女性がアフターピルを使用して避妊をした場合は98%の確率で避妊をしてくれるのです。女性がおこなう避妊の方が男性がおこなう避妊よりも高い確率で避妊をしてくれるのです。

膣外射精をおこなった場合の失敗率

膣外射精をおこなった場合4%~18%の確率で妊娠してしまうのです。少ないと感じるかもしれませんが、100人中4人~18人が妊娠する可能性があるということなのです。

女性が主体で避妊をするアフターピル

アフターピルは女性主体に避妊するためのもの
女性が主体として避妊をすることは海外では当たり前なのです。高い確率で避妊をしてくれるということでコンドームよりもピルの方が安心できるという女性も多くいるでしょう。また、アフターピルは女性ホルモンから出来たホルモン剤です。もともとが女性の体にあるホルモンなので体への害は少ないのです。

排卵日を強制的に遅らせるので多少の副作用はありますが、市販の頭痛薬や吐き気止めの併用も可能なのです。

アフターピルを飲んでみる

どうしてもエッチをする時に避妊を男性に頼ってしまうことが多いですが、たまには女性側が避妊をしてみてはいかがでしょうか。
短い期間での服用はお勧めできませんが、数ヶ月に1度や半年に1度のペースでアフターピルを使用して彼とコンドームをつけずにエッチを楽しむのもマンネリ化してしまった時の刺激になるのではないでしょうか。

アフターピルは早めに飲むことが避妊を成功させるコツなので備えておくことが大切です。出来る限り12時間以内の服用を心がけましょう。時間が経ち過ぎてしまうと避妊効果が下がってしまうので注意が必要です。